チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用 (Monitoring of algae in Chile)
JA/ EN/ ES

トピックス

ニュース
2018.12.03
藤吉助教がラフロンテラ大学のサイエンスカフェにて講演しました

 2018年11月28日に開催されたサイエンスカフェで、ラフロンテラ大学にいる藤吉助教が『身の回りの微生物:日本の浴室を例として』について講演しました。身の回りにいて目に見えないけれど色々な働きをしている細菌について日本 […]

ニュース
2018.11.30
MACHの日本人研究者がチリでの活動を開始しました。

 MACHプロジェクトの4名の研究者がチリでの活動を開始しました。皆がそれぞれの得意分野で力を発揮することで、サンプリング、培養、遺伝情報の解析、検出キット化、予測システムの作成や情報発信、といった(微)生物学から情報学 […]

ニュース
2018.10.22
チリ国会上院議員に本プロジェクトを紹介

 2018年10月12日、Carmen Gloria Aravenaチリ共和国国会上院議員にMACHプロジェクトについてチリ側代表研究者Milko Jorquela准教授が説明し関係者の間で意見交換を行いました。  会合 […]

イベント
2018.10.14
チリでキックオフセレモニーを開催

2018年9月5日、チリのサンティアゴにて、日本とチリの研究者および民間・政府機関出席のもと、プロジェクトのキックオフセレモニーが開催されました。 プロジェクトに関わるメンバーの他にも、チリの大学研究者、漁業関連機関、民 […]

イベント
2018.06.13
日本キックオフセレモニー開催

プロジェクトの正式な開始を記念し、日本キックオフセレモニーを開催しました。 協力を賜る様々な機関の研究者・関係者にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じることができました。 引き続き、本プロジェクトへのご協力・ご支援のほ […]

ニュース
2017.11.18
Oxford Nanopore社とのミーティング

プロジェクトに欠かせない「あれ」を提供頂けることになりました!どんな「もの」ができるのか、いまから楽しみです。 Thanks  

イベント
2017.11.07
Bento lab (弁当ラボ) 訪問

SATREPSプロジェクトのために誰でも使える遺伝子解析装置 Bento lab (弁当ラボ) を訪問、入手、協力を取りつけました。チリでの活躍に期待が高まります。

イベント
2017.10.13
京大URAチームによるインタビュー

本学URAチームによるインタビュー撮影を受けました。近日学内のみの動画が公開されるようです。本学独自競争的資金SPIRITSからのSATREPSに至る道筋をお話しました。  

ニュース
2017.09.09
MUNDI に紹介されました

JICA の広報誌 MUNDIに我々のプロジェクトが紹介されました。共に見つけ出す-赤潮対策への道筋チリ-

3 / 3123