チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用
JA/ EN/ ES

メンバー紹介

京都大学

丸山 史人Fumito MARUYAMA

准教授; Ph. D.
研究内容:
  • 赤潮原因藻と相互作用する病原微生物の検出
  • 発生予知
  • (メタ)ゲノム動態解析
  • 研究統括
ひとこと:

幸運は用意された心のみに宿る

<研究室HP>
http://www.bac.med.kyoto-u.ac.jp/