チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用 (Monitoring of algae in Chile)
JA/ EN/ ES

成果

開催会議・セミナー

ワークショップ・セミナー・シンポジウム・アウトリーチ等

  • 2019
    • 2019/02/23 “南米チリにおける科学技術協力の現場とその目指す道筋”. 西山学園高校(奈良) 50(0名)

    • 2019/02/26 IFOPプンタレナスワークショップ プンタレナス(チリ) 3名(3名)

    • 2019/2/1-3  学会ブース出展「MACH」第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会 東京(日本)

    • 2019/2/2  “Bacterial 16S rRNA gene profiling by portable DNA sequencer from shower water, shower head, bathtub inlet in Japan” 第30回日本臨床微生物学会総会  東京(日本)

    • 2019/3/15  “ゲノム疫学・衛生微生物学的アプローチにより見出された浴室細菌叢の特性”  第2回 感染症診断と治療におけるゲノム解析(日本)

    • 2019/3/27  “Molecular research of infectious diseases”    Makassar (Indonesia)

    • 2019/5/3    JCC Members meeting for outreach strategy and activity “Development of harm algal bloom monitoring methods and forecast system for sustainable aquaculture and coastal fisheries in Chile.” Osorno(Chile)

    • 2019/5/3  ”Satreps project Chile-Japan: Predicting algal blooms in Chile” 1st Workshop “Biotechnological Challenges and Improvements for sustainable aquaculture in the X region”  Osorno(Chile)|

    • 2019/5/8 IFOP-SATREPSワークショップ  Puerto Montt(Chile)

    • 2019/5/8  “Overview of SATREPS-MACH project” CREAN Seminar.  Puerto Montt(Chile)

    • 2019/5/13   SATREPS-HABセミナー  Antofagasta University (Chile)

    • 2019/5/31  “インドネシアにおける抗酸菌と薬剤耐性菌に関わる国際共同研究の現状と展望”.  第4回環境薬剤耐性菌研究の最前線(科研費16H01782研究集会), LaMer研究集会, 第1回愛媛大学東南アジア環境健康研究ユニット研究集会  愛媛(日本)

    • 2019/6/21  “環境遺伝生態学の基礎とトピックス”  千葉大(日本)

    • 2019/6/23  “抗酸菌研究における環境遺伝生態学的アプローチと新感染症対策の観点から”,  環境衛生学演習におけるゼミ生特別指導   酪農学園大学(日本)

    • 2019/8/8  “DNA伝搬防御システムから病原細菌のゲノム多様化を考える”,国立遺伝学研究所研究会 「環境中のDNA循環」プログラム , 静岡県 (日本)

    • 2019/11/8   “~国際的な感染症対策~環境遺伝生態学的アプローチがもたらす新感染症対策と地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム” 国際的感染症対策セミナー 酪農学園大学        酪農学園大学(日本)

  • 2018
    • 2018/1/25   “ワンヘルスに基づく感染症防止策の提案” 2017年度 第8回 産と学をつなぐSENRIの会”    大阪(日本)

    • 2018/03/08 “ワークショップ「Nanopore Day for Microbiology」” 京都大学(日本) 70名(0)

    • 2018/3/12-14     “Towards state-of-art one-health approach to prevent infectious diseases” Annual Meeting in Awaji Systems and Synthetic Bacterial biology.   兵庫(日本)

    • 2018/3/19  “ゲノム科学が拓く新たなワンヘルス研究への道筋” 家畜感染症フォーラム  岐阜(日本)

    • 2018/05/12 岡山大学 資源植物科学研究所 一般公開 岡山大学(日本) 450名

    • 2018/5/24   “環境遺伝生態学的立場からの新規細菌感染症対策を提案する”  結核予防会結核研究所セミナー     東京(日本)

    • 2018/6/9 岡山県立倉敷青陵高校サイエンストーク 倉敷青陵高校(日本) 50(0名)

    • 2018/6/9  “メタゲノムから見出された家畜に拡がる薬剤耐性遺伝子の分布とその特徴”  続・環境薬剤耐性菌研究の最前線  山形(日本)

    • 2018/6/13 “SATREPS採択事業「チリにおける持続可能な沿岸漁業及び養殖に資する赤潮早期予測システムの構築と運用」
      日本キックオフ・シンポジウム” 京都大学東京オフィス(日本) 44名(1名)
       
    • 2018/7/23 Population structure and local adaptation of MA lung disease agent Mycobacterium avium subsp. Hominissuis ミネソタ大学(米国) 20名(0名)
       
    • 2018/7/23 Connect to microorganisms, whatever, wherever ミネソタ大学(米国) 20名(0名)
       
    • 2018/7/24 genome analysis of environmental pathogens” to “development of harmful algal bloom monitoring methods and forecast system for sustainable aquaculture and coastal fisheries in Chile. A Special Summer Presentation. 2018.7.24. Minnesota, USA ミネソタ大学(米国) 30名(0名)
       
    • 2018/7/24 Metagenomic analysis revealed biomarkers of specific pathogen A Special Summer Presentation. 2018.7.24. Minnesota, USA ミネソタ大学(米国) 30名(0名)
       
    • 2018/7/26 Population structure and local adaptation of MAC lung disease agent Mycobacterium avium subsp. Hominissuis JPL/NASA (米国) 30名(0名)
       
    • 2018/7/26 Bacteria living in Japanese bathroom JPL/NASA  (米国) 30名(0名)
       
    • 2018/8/2 From “genome analysis of environmental pathogens” to “development of harmful algal bloom monitoring methods and forecast system for sustainable aquaculture and coastal fisheries in Chile”. CENTRO DE INVESTIGACIÓN EN SUELOS VOLCÁNICOS PROGRAMA DE CHARLAS CISVo. 2018.8.2. Valdivia, Chile オーストラル大学(チリ) 20名(20名)
       
    • 2018/8/2 Identification of biomarkers by metagenoic analysis~toward on site monitoring of holobiome dynamics オーストラル大学(チリ) 15名(15名)
       
    • 2018/8/6 Past, current, future of the SATREPS project, Monitoring of algae in Chile”. Lecture in University of Concepction. コンセプシオン大学(チリ) 10名(10名)
       
    • 2018/8/7 Past, current, future of the SATREPS project, Monitoring of algae in Chile”. Lecture in University of Chile. チリ大学(チリ) 15名(15名)
       
    • 2018/8/7 Metagenomic techniques Applied to monitor algal holobiome チリ大学(チリ) 10名(10名)
       
    • 2018/8/20 岡山大学SDGsサイエンスカフェ 〜サイエンスの新しい地平へ〜 岡山大学(日本) 30名(0名)
       
    • 2018/8/30 “Kyoto University and SATREPS Project”. Seminar in The Laboratory of Technological Research in Pattern Recognition (LITRP), Scientific-Technological Park タルカ(チリ) 50(50名)
       
    • 2018/8/31 Seminar at the Engineering Faculty of Catholic University of Maule Catholic University of Maule(チリ) 30名(30名)
       
    • 2018/9/3 1st Intenal Members group meeting “Development of harmful algal blooms monitoring methods and  forecast system for sustainable aquaculture and coastal fisheries in Chile” サンティアゴ(チリ) 20名(10名)
       
    • 2018/9/4 1st Joint Coordination Committee “Development of harmful algal bloom monitoring methods and forecast system for sustainable aquaculture and coastal fisheries in Chile” サンティアゴ(チリ) 25名(15名)
       
    • 2018/9/4 ポータブルシーケンサーを用いた微生物群集構造解析について チリ大学(チリ) 20名(10名)

    • 2018/9/25  “フィールドマイクロバイオームからハウスマイマイクロバイオームまでの道のり”  第91回日本生化学会 京都(日本)

    • 2018/9/27 Charla explora-curacautin Escuela patricio  chavez soto 50名(50名)

    • 2018/10/18  “Bioinformatics and The Role in Tracing Evolution and Transmission of Mycobacteria”. Workshop of Universitas Airlangga. Surabaya (Indonesia)

    • 2018/10/11 Charla explora-vilcún Escuela Dagoberto Godoy (チリ) 20名(19名)

    • 2018/10/11-14  “Population structure and local adaptation of MAC lung disease agent Mycobacterium avium subsp. hominissuis”. The 1st International Scientific Meeting on Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ISM-CMID). Surabaya(Indonesia)

    • 2018/10/12 Carmen Gloria Aravenaチリ共和国国会上院議員と意見交換 (チリ) UFRO 3名(3名)
    • 2018/10/27  「環境ウイルス研究集会」(新学術領域ネオウイルス共催) 京都大学 京都(日本)

    • 2018/11/9 “エアロゾル発生源となる浴室環境の微生物群集構造解析”  第6回大気エアロゾル 「シミュレーションと観測からのアジアダスト解析」 北海道(日本)

    • 2018/11/30 “~国際的な感染症対策~環境遺伝生態学的アプローチがもたらす新感染症対策と地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム”. 国際的感染症対策セミナー 酪農学園大学 50(0名)
       
    • 2018/11/26 “Kyoto University and SATREPS Project”. International Talk, Genomics and Applied Microbiology for Biodegradation and Bioproducts Universidad Técnica (チリ) 50(50名)
       
    • 2018/11/28 Bacterias en nuestra duchas: Una eexperiencia en Japon UFRO 20名(20名)
       
    • 2018/12/3 Proyecto para el desarrollo de métodos de monitoreo y sistema de predicción de floraciones algales nocivas para una acuicultura y pesca costera sustentable en Chile UFRO 20名(10名)
       
    • 2018/12/6-7  International Symposium: “Advances in Environmental Microbiology and Microbial Biotechnology” UFRO (Pucon campus) 50名(40名)
       
    • 2019/12/11 Application of molecular techniques to detect HAB species -presentation and demonstration. Antofagasta University 10名(10名)
       
    • 2018/12/12 Bioinformatics Meeting. “Auditorio Terra”. University of Magallanes 20名(20名)
       
    • 2018/12/21 平石好信(在チリ日本大使)主催による南チリ日本人駐在員との親睦会 Temuco 20名(0名)
       
    • 2018/12/30 “Kyoto University and SATREPS Project”. Bioinformatics Meeting, CENTRO AUSTRAL DE TECHNOLOGIA GENOMICA University of Magallanes. 50名(50名)
       
  • 2017
    • 2017/6/6 JST事前確認事項第1回勉強会 京都大学 10名(0名)
       
    • 2017/6/19-25 詳細計画策定調査に向けた事前協議 サンチアゴ(チリ) 22名(12名)
       
    • 2017/7/18 JST事前確認事項第2回勉強会 JICA本部(日本) 15名(0名)
       
    • 2017/8/25 JST事前確認事項第3回勉強会 京都大学(日本) 10名(0名)
       
    • 2017/9/2-17 詳細計画策定調査 サンチアゴ(チリ) 22名(12名)
       
    • 2017/10/13  詳細計画策定調査報告会 JICA本部(日本) 15名(0名)
       
    • 2017/10/13 細野昭雄先生との面談会 JICA本部(日本) 10名(0名)

合同調整委員会(JCC)

  • 2019
  • 2018
    • 2018/9/5 JCCキックオフミーティング 50名